top of page

制作工程:​​バレエ 2WAYチュニック用パンツ

​2WAY生地はお好みもありますが、裏=光ってないほうを表にして使います。コンシールファスナーと縫い糸は実際は生地色に合わせてください。 ​縫い糸は上糸レジロン糸、下糸ウーリー糸です。

(股ぐりの縫い方で縫い代が1.2㎝のやり方も追記にあります。縫い方に合わせて裁断してください。)


① 型紙通りに2WAY生地をカットします。




 

② 後パンツにコンシールファスナーを付けます。​コンシールファスナーの金具をコイルの一番下まで下ろし、ファスナーを金具の部分まで下ろします。




 

③ 後パンツ表側縫い代の端にコンシールファスナー裏側の縫い代を合わせて、縫っていきます。コンシールファスナー押えの溝がうまくコイルを導いてくれるので、スムーズに縫えます。左右ともに縫います。



 

④ ファスナーを縫い終えたら、上から22cmのところに金具を戻して、ペンチで動かなくなるように軽く締めます。



⑤ 股下を縫います。ファスナーを付けるときは大丈夫なのですが、ここから2WAY生地は少し引っ張りながら縫っていきます。そうしないと着用したときに縫ったところがブチブチと切れてしまうので、必ず引っ張りながら、もしくは伸ばしながら縫っていってください。


(↓ゴムを縫い付けるところに動画があります。ゴムがあるのでかなり伸ばしながら引っ張りながら縫っています。2WAYだけの場合はそこまで引っ張らなくても大丈夫なので、参考にしてください。)

 


⑥ ファスナー留め金具の上5㎜あたりに返し縫いをして、ファスナー留めを補強します。




⑦ 脇と股下を縫います。







 

⑧ 脇と股下の縫い代を前に倒し、5㎜の押さえミシンをします。



 

⑨ 8コール(7㎜幅)平ゴムを準備します。股ぐりの長さ×0.7の長さで切ります。

前:後=6:4になるように印を付けておきます。




 



⑩ 待ち針でゴムを留めていきます。股下の縫い代→脇→股下の縫い代とまず留め、その間を留めます。

平ゴムのほうが短いので、待ち針と待ち針の中心をパンツ側とゴム側と留めていきます。












 

⑪ ゴムを縫い付けていきます。2WAYとゴムを同時に引っ張って、長さを合わせて縫っていきます。後ろ側のゴムが少なめなのでちょっと大変ですが、しっかり引っ張って縫っていきましょう。前側は楽に縫えます。




 

⑫ ゴムを付けたら、股ぐりの縫い代を1㎝で折り、7㎜のところを押さえていきます。ゴムがあるので、ここもかなり引っ張りながら縫うことになります。

​一周ぐるりと縫い、縫いはじめと縫い終わりがしっかり重なるように縫って、返し縫いをしたら完成です!





 

(追記1)

股ぐりの平ゴムを縫うのが難しいときは、こちらの方法で試してください。

股ぐりの縫い代を1.2㎝にし、折り返して5㎜で縫います。その時パンツ後ろ側にゴムを入れられる部分を作っておきます。

ゴムを中に入れたら完成です。

​中に入れたゴムはゴムに対して垂直に縫い(ミシン縫いでも手縫いでも大丈夫です)、縫いはずれしないようにします。



(追記2)股ぐりの平ゴムはロックミシンやジグザグミシン(家庭用)で縫うと、よりきれいに仕上がります。

またゴムの伸びもよくなるので、お持ちの方はお試しください。








0件のコメント

最新記事

すべて表示

価格改定のお知らせ

日頃よりAST Costumesをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 当店ではお客様と一緒に作り上げていく衣装工房として、技術向上と価格の維持に努めてまいりました。 沢山のお客様に世界で通用する衣装を手作りする楽しさを、絆を深める商品をお届けさせていただいております。 有り難いことにひとりで対応することが困難になり、人材を増やして対応させていただいております。 また原材料の高騰により、現行

Comments


bottom of page